Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ

2008年 06月 25日 ( 1 )


2008年 06月 25日

沖縄の島ラッキョウ

d0007653_7404721.jpg
鳥取の砂丘ラッキョウとか鹿児島のシラスラッキョウに比べると、随分小ぶりで細長くって、西洋野菜のエシャレットに近い形と形容したらいいのでしょうか。
野蒜(ノビル)の親玉くらいの大きさのものもあります。
ソイツをドサドサッと、頂きました。
ウヒャ~、大好物です。
本土モノと違うのは、ラッキョウ独特の匂い成分・アリニンが強烈なのと、辛味が勝ることでしょう。
沖縄特産の野菜、『島ラッキョウ』
も一度「ウヒャ~」と叫んで、生唾押さえました。
塩もみして、薄皮プラスもう一枚を剥いて、オカカにまぶすか、モロミ味噌で食う。
好物はこれですけど、いただき主に「どうやったらいい」と訊ねると、「ゴーヤの代わりにこれでチャンプルーを作る。天婦羅もお勧め」。
ウ~ン、両方食ったことないけど、油の後処理面倒なので、食いたいけど天婦羅はしない。
こちらは何時か、何処かで試すことにして、チャンプルーはぜひとも作らなくては。
でもでもイロイロおいしい料理法があるとしても、一番は生食だから、新鮮さを味噌に閉じ込めて残りは浅漬けに。
皮剥きが面倒なので、今年のラッキョウはもうお仕舞いと、二度下処理に挑戦して醤油に漬け込みましたけど、今年は番外の三度目にチャレンジである。

そうそう、『塩ちんすこう』も頂きました。
お酒のツマミとしての珍味、名前からそんな想像をしたまま長らく。
ラクガンまがいのお菓子だったとは、初めて知りました~。
甘さの後からお塩が追っかけてきて、抹茶のお供によさそうです。
適量、一個じゃ多いから半分がピタリかな。
[PR]

by molamola-manbow | 2008-06-25 16:14 | 酒・宴会・料理